2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 予備校講師に必要なものは何か? | トップページ | 兼業→専業→兼業へ(その4) »

兼業→専業→兼業へ(その3)

やがて、市進予備校では講師数の関係から数学科講師として仕事をすることが多くなりました。

そして、気がつけば数学がメインになっていました。

市進予備校は、使える数学講師の数が英語講師の数に比して不足していたからでしょう。

いつのまにか数学科講師にコンバートしていました。

英語講師としての技能がなくなってしまうのは怖いので、週1回だけ新設された所沢校で英語を担当しておりました。

5年間にわたり数学を担当していたおかげで、代ゼミの採用試験も無事クリアできました。

しかし、数学講師としての問題がいくつか・・・

①図形がうまく描けない。特に空間図形

→中学の美術の成績が悪かったことを思い出しました。

②グラフが滑らかに描けない。

→①と同じ理由です。

しかし、代ゼミに入って数学を教えていた時に、ベテラン数学講師K先生との出会いが、私に数学講師の廃業を決意させました。


続く・・・


今日読んだ本は(通算:23冊目)、

『交通心理学』(蓮花一巳・向井希宏/放送大学教材)

心理学的にどのように応用して交通事故を起こさないようにするかという内容。
非常に興味深く読めました。

心理学は応用範囲が広く、社会問題にすぐに役立てることができるのですね・・・

オススメ度:★★★

« 予備校講師に必要なものは何か? | トップページ | 兼業→専業→兼業へ(その4) »

コメント

I have read several good stuff here. Certainly worth bookmarking for revisiting. I surprise how much effort you put to make such a magnificent informative web site. fceadccacaac

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89831/64860109

この記事へのトラックバック一覧です: 兼業→専業→兼業へ(その3):

« 予備校講師に必要なものは何か? | トップページ | 兼業→専業→兼業へ(その4) »