2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

« JR横浜線という悲劇 | トップページ | 生活リズムと予備校① »

続・J R横浜線という悲劇

昨年秋の出来事です。

横浜校でLCの授業を終え、質問を受けていると、東横線Fライナーの時間には間に合わず、湘南新宿ラインはダイヤが乱れていたので、横浜線で横浜から橋本まで行き、そこから京王線に乗り換えて、調布を目指すルートを選択しました。

15時過ぎに横浜駅を出発。

新横浜駅で横浜線が謎の運転停止。

架線にビニルハウスがかかったとのこと。
振替輸送も可能ということ。

まあ、新横浜には市営地下鉄ブルーラインと横浜線が走っているのでそうなるでしょう。

しかし、ブルーラインを利用するのは乗り換えが多く、逆に大変だと思った私は30分車内で本を読んで待ち、ようやく横浜線が動き出しました。

でもまだ時間は16時前、なんとかなる・・・と思っていたら、2駅先の鴨居で40分停車・・・despair

振替輸送はバスしかないとのこと・・・

しまった!

と思った時は既に遅し、バス停には長蛇の列・・・

流しのタクシーなどは存在しない・・・

タクシーを呼ぶアプリも範囲外・・・

と思った時に、駅からアナウンスが・・・

ダッシュで再び駅に入場し、1駅先の中山へ。

中山駅で再びダッシュで市営地下鉄グリーンラインに乗車!

センター南駅で市営地下鉄ブルーラインに乗り換え、あざみ野に!

あざみ野に着いたら、またまた猛ダッシュで田園都市線へ。

田園都市線であざみ野から溝の口へ!

溝の口からJR南武線武蔵溝ノ口まで猛ダッシュ。

満員電車の中を武蔵溝ノ口から稲田堤へ。

稲田堤から京王稲田堤までは、早歩きで向かい、京王線に乗り換えて念願の調布へ・・・

授業はONEWEX東大英語でテストゼミ形式(60分テスト+100分解説)だったから良かったようなものの、15:00に横浜校を出て、18:45調布現役館着でした・・・


21:40まで授業をして質問を受けて、22:00に校舎を出て、池袋に向かう頃はクタクタでした・・・

池袋には23:00ちょっと前にチェックイン・・・

翌日は1限・・・

« JR横浜線という悲劇 | トップページ | 生活リズムと予備校① »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89831/65418332

この記事へのトラックバック一覧です: 続・J R横浜線という悲劇:

« JR横浜線という悲劇 | トップページ | 生活リズムと予備校① »