2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 努力しているところを受講生に見せるな! | トップページ | 堂々とした態度で »

狂気と正気のバランス

どこからどうみても真面目な公務員にしか見えないという人は予備校講師としてブレイクできません。

高校教員などとは違う!と感じさせるオーラのようなものがないと予備校講師としては苦労します。

いわば、

狂気と正気のバランスです。

その意味で、初めからこの仕事を目指していた!なんて人は(最近驚くべきことに多いのですが)、まっとうな職業の一つとして考えているので、正気=100%です。

これではちょっとインパクトが足りません。

私が、このような方をコンサルする時にアドバイスすることはまず髪型。

・金髪

・アフロ

・スキンヘッド

のどれかにすることをお勧めしてます。

そのようにして、生徒から見た狂気(=この人はちょっと違う)というものを増していくことが大切です。

金髪にもアフロにもスキンヘッドにもしたくないという人には、

・派手なメガネにする

・和装する

というだけでも生徒の印象は変わり、人気が出てきます。


ただし、

男性のロン毛やひげはよほど似合うという人以外はやめておいた方が無難です。

女子生徒に不快だと思われるとこの業界はおしまいです。


授業内容が同じなら、

7:3の髪型にスーツの講師<<金髪に怪しいサングラスの講師

という評価になります。

もうすぐ1学期も終わりです。

夏休みからイメチェンして見てくださいね。

コンサル希望の方はメール欄よりどうぞ!


今日読んだ本は(通算:106冊目)、

『サイコパス』(中野信子/文春新書)

サイコパスという言葉で連想するのは犯罪者ですが、犯罪者以外にも起業家などにも多くサイコパスはいるそうです。

本書は脳科学の専門家である筆者が、最新の研究結果を踏まえ、サイコパスとは何かに関してわかりやすく解説した1冊です。

特定の脳の働きが弱いサイコパスという類型は現在まで生存しているので環境の変化にきちんと適応できているというわけです。

また、本書で触れられている、女性がどのような男性に魅力を感じるかということに関しても興味深く読みました。

人間の魅力というものは色々奥深いですね。

1読をお勧めします!

オススメ度:★★★★


« 努力しているところを受講生に見せるな! | トップページ | 堂々とした態度で »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89831/65510303

この記事へのトラックバック一覧です: 狂気と正気のバランス:

« 努力しているところを受講生に見せるな! | トップページ | 堂々とした態度で »