2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 7月! | トップページ | 狂気と正気のバランス »

努力しているところを受講生に見せるな!

予備校講師は1年契約の仕事請負人です。

講師がいい授業をするのは当然で、そのための努力を受講生に見せることはやほのめかすことは最悪です。

自分が苦労して準備したことや、配布プリントの作成に◯時間かけたなどと生徒に吹聴している講師はろくなもんじゃないです。

(1)授業を受けて良かった、やる気が出た!という満足感を与え、

(2)頑張って来週の授業まで勉強しよう!という学習者の意欲を引き出し、

(3)予習や独学でははっきりしなかった教科内容の理解を促したり、気づきを与える。

そして、受講生同士になった時に、今日の授業のことが話題にのぼるような授業を行う。

これが大事です。


今から数年前、喫煙室で、ある人気現代文講師に対して、

「〇〇先生は、いつもタバコばっかり吸っているのに、なんで人気講師なんですか?」

という趣旨の質問をぶつけて顰蹙を買った、若手講師(当時)がいました。

(注)私はその現代文講師ご本人から事の顛末を直接聞きました。

そんな、私はこんなに努力してますよ〜!なんてことを誇示している人なんていないのです。


だいたい、努力や情熱を売りにしている講師は受講生に対する押し付けが多いので、若さや美貌(女性講師の場合)が衰えてくると人気が落ちていくことが多いです。

« 7月! | トップページ | 狂気と正気のバランス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89831/65484040

この記事へのトラックバック一覧です: 努力しているところを受講生に見せるな!:

« 7月! | トップページ | 狂気と正気のバランス »